クリンデオの特徴

HOME > 除菌消臭液 クリンデオ > クリンデオの特徴
クリンデオの特徴
優れた除菌効果と同時に様々な生活臭を取り除く。
使用後はすぐに水に戻り環境にも優しい。
それがクリンデオです。

クリンデオと一般除菌剤の効能比較
クリンデオ 弱酸性水 アルコール製剤
ウイルスに対する除菌力
引火性なし ×
安定性 ×
有機物との接触後の除菌効果
消臭効果 ×
金属に対する腐食性なし × ×
強力な除菌力
除菌有効成分HClOの働きが
80%~の優れた除菌力です。

すばやい消臭力
分子レベルで臭いの元を分解
してすばやく消臭します。

すぐれた安定性
長期間の保存にも対応し、熱
にも耐性があります。

たしかな安全性
除菌後は水に戻ります。



クリンデオは除菌効果のある次亜塩素酸ナトリウムの欠点をなくし利点のみを引き出しました。
まな板の除菌剤及びプールや水道水に含まれている次亜塩素酸ナトリウムは取り扱いが危険なうえ、ph値が12以上の強アルカリ性を希釈してph8にしなければ次亜塩素酸の除菌力の効果が得られません。希釈次亜塩素酸は除菌有効成分(HClO)の働きが5~20%の除菌力とされています。クリンデオは除菌有効成分(HClO)の働きが80%程度の優れた除菌力があります。
除菌・消臭力は遊離有効塩素存在の依存比に依存しています。ph4.5~7の時に効果的な状態です。ph値6.5±0.1に安定化させたことによりクリンデオは優れた除菌効果を発揮します。


大半の[におい]のもとは、空気中のアンモニアや硫化水素、メチルブタンなどが挙げられます。クリンデオは、これらの分子と結合して[におい]のもとを分解、瞬時に消臭をします。他の消臭剤のように香りなどで消臭するのではない為、加湿器などで一定時間噴霧するとより効果が得られます。
牛舎・豚舎・養鶏場など、より臭いの強い場所でも霧状散布する事により、生育環境が改善されます。


成分の安定化に成功したことにより、従来の除菌剤に比べ除菌力が劣化しにくい性質です。独自の製法により次亜塩素ナトリウムに希塩酸を加えて中性領域に安定調整することで塩素ガスや塩化水素が発生しません。 遮光下での長期保存ができ、100℃加熱条件下でも除菌・消臭効果が低下しない熱的安定性があります。


クリンデオは食品添加物の2つの薬液(次亜塩素酸ナトリウムと微量の希塩酸)の希釈混合水です。
除菌後水に戻るため残留物はありません。
他のものと混ざって有害物質を生成する事はありません。